信用取引の利点と基礎知識

信用取引を行うメリット

信用取引は、証券会社より担保の3倍に及ぶまで借金を通して株取引をするシステムです。 100万円担保があるのなら、300万円に至るまで株取引ができます。 それに加えて、空売りすることにより、下げ相場の場合でも収益を追い求めることができる利点があります。上げ相場に加えて、下げ相場としても利益を期待出来ることから、収益を獲得する局面が倍になります。空売りの実施した価格から下がるほど収益がでるというものになります。 一方で、慣れていないまま空売りをすると、大きな損をすることがあり得ます。

信用取引の用語とリスク

信用取引によって新しく購入することを新規買いといい、信用によって買い上げたものを買建玉、返することを返済売りといいます。 新しく売ることを新規売りといいそして、信用によって売り出したものを売建玉、さらに返することを返済買いといいます。 現物取引のケースでは、取引しても、無くなるのはそのお金だけです。しかしながら、信用取引は、投資したお金以上なくなることが考えられます。 したがって、リスクを抑制してその対策を行うことを考えるべきです。

金利が必要になります

信用取引は借り入れてトレードするので、買建玉に対して、金利が必要です。年率数%くらいですが、建て代金が多いく、期間が長いほど、考えている以上に大きな手数料が生じてしまいます。また、建玉日より半年以内に決済という返済締め切り日があるので、長期に保有することがが認められていません。 一般信用取引は無期限信用といわれ、返済期限はないといえます。しかしながら、建玉の間、買い主は金利が大きくなることを肝に銘じておきましょう。

信用取引を行う場合取引手数料以外にも、金利・貸株料・品貸料・口座管理や権利処理に関する手数料などがかかってきます。