相続が発生した場合に大切なことについて

相続が起こった際の流れについて

人が亡くなった場合には、その亡くなった人が保有していた財産や債務を相続人と呼ばれる親族や関係者が承継することがあります。また一定上の純財産を保有していた場合には相続税申告書の提出や相続税の納付を行う必要があります。これらの手続きをすべて相続人で行うことは非常に手間がかかるため税理士や司法書士などの専門家に依頼することで時間と手間を省くことができます。たとえば相続の申告を税理士に依頼することが具体例にあたります。

遺産分割の方法について

遺産分割は慎重に行う必要があります。また純財産が多いから慎重に行わなければならないという訳ではなく、純財産が少ない人も含めて慎重に行う必要があります。これは統計からも明らかです。その理由として考えられるのはたとえば多くの財産がある場合には相続人が相続する財産も多くなります。ただ財産が少ない場合や保有している財産が分割しにくい場合には相続人の中で公平に分けることが難しい場合があります。したがって財産の多寡に関わらず遺産分割でもめるケ−スが少なからずあります。

相続税と遺産分割について

相続税の準備としても遺産分割は大切です。なぜなら相続税はその相続人が取得した財産や債務の金額に応じて納付を行う必要があり、遺産分割が行われなければ申告書の提出が完了しないということになります。また相続税で設けられている特例のうち申告期限までに申告書の提出を行わなければ適用できない特例もあります。つまり遺産分割が整わない場合には、相続税の納付が本来の納税額よりも多くなってしまうということもあるため期限までに遺産分割を行う必要があります。

相続の申告を税理士に頼むと、高額な手数料がかかります。手間は楽になるので、税理士に頼む方が増えています。