あら簡単!!必要最低限の費用のみで損失を気にせずに信用取引で儲ける方法

信用取引は初心者が絶対に手を出してはならない?

信用取引とは証券会社から資金や株を借り、それを元手に株式運用を行って利益を出す取引手法です。しかし、株価には上限が設定されていないので、株価の上昇が損失要因になる信用売りでは理論上損失が青天井であるため、初心者が絶対に手を出してはならないと考えられてきました。また信用取引は本来、現物取引ほど費用がかからない取引なのですが、そのような性質があるため、取引するに当たっては莫大な費用を用意する必要があるとされてきました。

ほとんど費用がかからず利益だけ出る魔法のやり方!?

そのようなハイリスクな信用取引において、「費用はほとんど必要無く、結果的に利益しか出ないやり方がある」と言われるとどう思うでしょうか。「そんな詐欺めいた話は無い」と一蹴してしまうかもしれませんが、信用取引では至極全うな手法でそうした夢のような状況が実現してしまうのです。やり方としては全く難しいものではなく、信用取引が可能になったばかりの初心者でも簡単に行うことができます。その手法とはズバリ、両建てによる株主優待の無料取りです。

株主優待はどうやれば無料で手に入るのか?

まず株主優待においては、一定の権利落ち日に株式を保有していることが、その権利を得る条件になります。しかし、株主優待がある銘柄は権利落ち日を過ぎると株価が下落してしまうのが普通で、株主優待の権利は得たけども、結果株価そのもので大損をしたということにもなりかねません。それを防ぐために信用取引を利用するのです。やり方としては、権利落ち日前に優待を得たい銘柄を購入し、同時に同一銘柄を信用売りするのです。これによって、株価がどれだけ動こうとも損利は相殺されて、株主優待の権利だけが手に入るのです。手数料や金利を支払う必要はありますが、信用取引に関する難しい知識とは一切必要無いので、誰でも実行できるお手軽な利殖方法だと言えるでしょう。

信用取引の費用の支払い方は、仲介先の証券会社のサービスの内容に左右されるため、早期に契約内容を確認してみましょう。